Dear Hancock(カリフォルニア)



Gwendolyn Mason(グウェンドリン・メイソン)とEarnest Merritt(アーネスト・メリット)による、LA発の
ステーショナリーブランド。
絵を描くこと、手紙のやり取りをすることが大好きだった2人は、その思いをもとに、2010年にブランドをスタート。

メールが普及した現代でも、手書きのカードや手紙のやり取りを大切にすることで相手に本当の気持ちが伝わると
考えている2人。 Dear Hancockには、そのような文化を残していきたいという気持ちが込められています。

大学ではアートや絵画を専攻していたデザイナーならではの、繊細なタッチのイラストが特徴。
すべてのカード、封筒にリサイクル可能な紙を使用し、地元LAで印刷を行なうなど、環境への配慮も欠かしていません。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

7