ハヌカカード

ハヌカカード( Hanukah Card)

ハヌカ (Chanukkah, Hanukah, Hanukkah)
ユダヤ教ではユダヤ暦キスレブの25日から8日間、「ハヌカ」と呼ばれる祭りがあります。
(今年2013年は、11月27日から12月5日)
ハヌカはヘブライ語で「奉献」を意味します。
紀元前1世紀にユダヤ人がエルサレムの神殿を奪還し、再び奉献したことを祝うお祭りで、イスラエルを占領してユダヤ人の信仰を禁じたシリア王に対し、マカベア戦争でユダヤ人が勝利したことを記念したものです。
指導者マカベアは奪回した神殿に永遠の火を再びともそうとしましたが、それに必要な神聖な油は一晩分しか手に入りませんでした。 ところが奇跡的に、その神聖な油は8日間の間、火をともし続けたのです。
そのことから別名「光の祭り」と呼ばれ、ろうそくを立てる枝が八つ付いた特別な燭台(メノラー)を用い、ハヌカの8日間にわたって毎日一本ずつ点火するロウソクの数を増やしながら、この奇跡をお祝いします。
ハヌカはまた家族が集まって特別なごちそう、「スフガニヤ(揚げパン)」や「レヴィヴァ(ポテト)」を食べ、歌を歌って過ごす楽しい日でもあります。 子供たちは贈り物をもらい、ドレイドルと呼ばれるコマを使った遊びをします。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

2